自虐の詩

今日は自虐の詩を借りて見ました。まあまあおもしろかったです。私は阿部寛が好きです。

ところで、途中で森田幸江という主人公が妊娠して、次のようなアドバイスをアパートの大家からもらいます。

「女にはな、産まない、母親にはならないという決断をせんとならん時もある。それも立派な女の役目や。子どもはな、親を選べへんのよ。子供に大変な思いをさせるのは犯罪やで。」

このような意見は多いようです。でも少し考えてみたらひどくないでしょうか。「大変な思いをさせる」代わりに「殺す」ということですから。それが解決ですか。人工妊娠中絶は究極の児童虐待です。


トレンドマイクロ・オンラインショップ

コメントをどうぞ

次のタグは有効です: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
Smilies: :) :D ;) 全部表示 »