どうして人工妊娠中絶が集団虐殺なのか


グレッグ・カニングハム 著


定義の混乱を明確にすること

「集団虐殺」という言葉の定義が混乱していることは明白です。Cambridge International Dictionary of English, Cambridge University Press, 1996(ケンブリッジ国際英語辞典)は集団虐殺について「ある集団の人々全員を殺すこと。特に国家的、人種的、宗教的、などの集団の全員」と定義してい ます。その定義の中の[など]とは、被害者組を定義する基準が変化する性質であることを強調しています。しかし、この定義の集団あるいは国家「全員」とい う定義はその辞典が出版された時、既に死語でした。

カンボジアの「殺人草原」

ポル・ポト派が4人に1人のカンボジア人を殺したことは、その加害者集団が被害者集団と同じ人種・国籍であり、しかもその国の全員を殺そうとしていなかっ たにもかかわらず、例外なく「集団虐殺」と呼ばれています。ポル・ポトの支持者はクメール・ルージュの革命に反対するカンボジア人のみを殺そうとしまし た。

1999年の雑誌Timeは、カンボジアで開いたクメール・ルージュの先導者の裁判について次のように記しています。
ポル・ポトが、外国で教育を受けた人々や外国について知識のあった人々を全員殺したことによって、プノンペンは田舎者や孤児の都市と化した。いまでもある一定の年齢の医師、教師、弁護士は存在しません。
このように辞典にある集団虐殺の定義は、被害者の数にはあまり関係のないことがわかります。最近、20人に1人のボスニア人の殺人事件は広く「集団虐殺」 と呼ばれましたが、これはかつてユダヤ大虐殺で殺されたヨーロッパユダヤ人のわずか小数(4人に3人)にも満たないものでした。この時、600万人のユダ ヤ人が殺されましたが、1973年から1998年までの短時間に、アメリカでは3,800万人の未生の子どもたちが殺されました。

人工妊娠中絶は「憎しみの犯罪」?

ある人たちは集団虐殺とは大規模な「憎しみの犯罪」で、それに比べほとんどの中絶する母親たちは自分の未生の子どもを嫌っていないので人工妊娠中絶は集団 虐殺ではないと主張するかもしれません。それはその母親たちに関してそうかも知れませんが(とは言ってもこれは重要はありませんが)、人工妊娠中絶を行う 医師と人工妊娠中絶に賛成する人たちに関してはそうではありません。プランド・ペアレントフードの創設者であるマーガレット・センガーは「全ての子どもは 望まれる子どもに」というモットーで「望まれない」子どもたちに宣戦布告しました。例えば、ミネソタ・サウスダコタのプランド・ペアレントフードは「赤 ちゃんはうるさくて、臭くて、お金がかかる。欲しくなければ。1-800-230-PLAN」という新聞の宣伝をしました。この憎しみを込めた「望まれな い」未生の赤ちゃんへの攻撃は、嫌悪感を抱かせる言葉であふれています。これは集団虐殺の人間性を奪う修辞語です。この宣伝の「赤ちゃん」のところに、人 種の集団を表わす言葉を何でも入れてみてください。そうすればたちどころに、すべての主流の新聞は、正にこの卑劣な宣伝を載せはしないでしょう。

胎児への憎しみの言葉:機能障害と言われた、望まれない子どもたち

この[望まれない]未生の子どもたちへの絶えまない憎しみでいっぱいのプロパガンダ攻撃は、現在、明白な人種差別と溶け込んでいます。1999年8月9 日、APは「Study suggests link between crime drop, legal abortions(法的に認められた中絶と犯罪の減少にはつながりを暗示させる研究結果)」という表題に「Researchers conclude that unwanted children are the most likely to break the law(研究者は望まれない子どもたちの犯罪率は高いと結論)」という副題の記事を載せました。
記者達はさらに結論した。望まれない子どもたちは大人になってからの犯罪率が高く、そして、望まれない子どもを産む可能性の高 い人たちは、10代の未成年者、少数派民族、貧民である。しかも、その研究は、人工妊娠中絶を選択する率が最も高いのはそれらの人たちであるということを 発見した。
* * *


シカゴ市の第7上級裁判所の裁判官長であるリチャード・ポズナー氏はその研究を「望まれない子どもたちは優れた市民になりにくいという常識的な証拠」と呼びました。
この裁判官は人種の少数民の多くの人たちが「優れた市民」にならないと言っているのでしょうか。そして彼は少数民の新生児の殺人を主張するのでしょうか。 生まれる段階にいる少数民の子供たちの虐殺「partial-birth abortion(パーシャル バース中絶※)」についてどう思うのでしょうか。彼は少数民の子供たちを集団虐殺するための年齢的な制限をどうするので しょうか。そしてその理由はなんでしょうか。

※ パーシャル バース中絶・・・アメリカでは赤ちゃんの頭が母体から出るまでは中絶を施すことが法律で認められている。パーシャル バース中絶とは妊娠末期の赤ちゃんを中絶するもので、赤ちゃんの足から引っ張り出し頭だけ残した状態で赤ちゃんを殺す方法。


戻る | 進む        ページを選択: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13