地球温暖化の「危機」を疑問視する500人の科学者

地球温暖化について人騒がせをする人たちは地球温暖化を疑問視する本当の科学者がいないと主張します。これは不正直です。なぜかというと、疑問視されるのは地球温暖化ではなく、人間がその第一の原因であること、そして地球温暖化が必ず悪いものであるという考え方です。ハッドソン研究所の分析によると、500人以上の科学者は人間が地球温暖化を起こしているという人騒がせを論破する証拠を出しています

この最新の分析がハッドソン研究所の上級研究員であるデニス・エイヴェリー氏によって公開されました。彼によると、地球温暖化についての人騒がせの一部を反論した500人の科学者の内、300人以上が前回の氷河時代以来、1500年間の中程度の自然な気候サイクルが現在と同じような地球温暖化12回以上起こしている、そしてそれらの温暖化が太陽の放射と関連しているという証拠を見つけました。

「このデータと科学者のリストは1850年以来地球の気温上昇の主な原因が人間であるという意見の一致があるという最近の主張に反論する」と彼が言います。

「2000年間の歴史の記録から暖候期は人間にとって良いものだということが分かります。より大きな嵐、季節はずれの霜、広範囲に及ぶ飢餓、疫病などをもたらしたのは過酷で不安定の暗黒時代と小氷河期です。」

また、他の研究者は海面が有意に上昇しておらず、嵐と干ばつが比較的少なく軽くなりつつあると判断しています。そして寒さで死ぬ人数が暑さで死ぬ人数より倍ですので人間の死亡率も少なくなります。更に、別の研究によれば、サンゴ、木、鳥、哺乳類やチョウが刻々と変化する気候にうまく適応していると今回の分析から分かります。

-----------------------

関連するかもしれない記事:
  • 日が短くなっている!?!

  • トレンドマイクロ・オンラインショップ

    コメントをどうぞ

    次のタグは有効です: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
    Smilies: :) :D ;) 全部表示 »