日本キリスト教協議会、聖書の教えを拒む

2008年4月10日に日本キリスト教協議会が死刑に対する抗議をしました

法務省が、「法の理念」の下に死刑執行を行うときを「定められたとき」と言うならば、私たちキリスト者は、それに対し「ひ とりひとりのいのちは、神が祝福 のうちに世に与えたいのちゆえ、生まれるときも、死ぬときも、神の福音のもとに定められたときにある大切ないのち」と考えています。・・・本日国家の名の下に4人の死刑が執行されたことに対して、私たちは、神の与えたいのちの枝に繋がりあいながら、強く抗議いたします。

私はこれを理解することができません。なぜなら、聖書には次のような命令が書かれています。

あなたがたは、死刑に当たる悪を行なった殺人者のいのちのために贖い金を受け取ってはならない。彼は必ず殺されなければならない。(民数記35:31)

これは誰が命じているのでしょうか。そう、神様です。日本キリスト教協議会は政府が殺人者を処罰しなくてもいいと思っているのでしょうか。いいえ、違うと思います。きっと処罰しなければならないと思っていると思います。それならどうして神様が命じた処罰がいけないのでしょうか。

私たち個人個人は赦すように命じられています。しかし、政府は犯罪者を赦すのではなく処罰するように命じられています。その違いを理解しなければなりません。

それは、[政府]があなたに益を与えるための、神のしもべだからです。しかし、もしあなたが悪を行なうなら、恐れなければなりません。[政府]は無意味に剣を帯びてはいないからです。彼は神のしもべであって、悪を行なう人には怒りをもって報います。(ローマ13:4)

「剣」は打つためではなく殺すためのものです。聖書の神は死刑制度の廃止を命じたのではありません。むしろ殺人者を死刑にするように命じています。

人の血を流す者は、人によって、血を流される。神は人を神のかたちにお造りになったから。(創世記9:6)

人の命は無限に大切です。その命を奪った人を懲役刑に処するだけではその奪われた命を落としめることになります。

-----------------------

関連するかもしれない記事:
  • エホバの証人がクリスチャンの活動を?
  • 「寛容な」多神教信者によるテロ
  • イエスは全能の神か
  • ヴォイジャー:ドクターの理屈
  • イエスは素晴らしいお方なので今週は素晴らしい一週間となる?

  • トレンドマイクロ・オンラインショップ

    2 Comments

    1. がんばれロボコン より:

       はじめまして。僕は教会に行っていますが、行きだして数年くらいは死刑に関してはとても納得のいかないものを感じていました。イエス様は愛だから死刑をお喜びにならないはずなのに、また実際に罪のないものが最初に石を投げろとまでおっしゃっているのに、旧約のほうでは出エジプト記の十戒のすぐ後に死刑の規定が出ていて今もそれが読まれているのはなぜなのか・・・
      しかし最近、私たちは人に過ぎないのだ、ということを思わされます。誰かさんではなく、憎いあいつでもなく、この私が人に過ぎないのだ、ということです。アブラハムは神様の命令どおりにイサクをささげました。イサクもそれに従いました。

    2. casey より:

      コメントありがとうございます。まず、「罪のないものが最初に石を投げろ」は殺人のための死刑とはまったく関係ありません。群衆が殺人犯ではなく、不倫した女性を殺そうとしていました。しかし、律法では女性だけではなく、男性も死ななければなりません。イエスはその人たちの偽善を指摘していました。

      また、イエスは全能の神ですので人のどんな罪でも赦す権威があります。私たちにはそのような権威がありません。私に対して犯された罪は赦せますが、他の人に対して犯された罪を赦す権威がありません。

      殺人は赦せる罪ではありません。なぜなら、唯一赦す権威のある人間は殺された人です。その家族は自分の悲しみに関して殺人犯を赦すことはできますが、殺人罪そのものに関しては赦す権威がありません。

      私たちは人間に過ぎないため、神様の命令の通り、死刑に当たる悪を行なった殺人者を死刑にするしかありません。

    がんばれロボコン に返信する

    次のタグは有効です: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
    Smilies: :) :D ;) 全部表示 »