ルツ記


3:7

ルツは不道徳な女だったか。
ボアズは飲み食いして、気持ちがよくなると、積み重ねてある麦の端に行って寝た。それで、彼女はこっそり行って、ボアズの足のところをまくって、そこに寝た。
ここでルツは不道徳的な行動をしていなかったのです。ルツは「親類の役目」に関する儀式を行いました。こうして、やもめのルツは、子どものないまま亡く なった夫の近い親類に「死んだ者の名をその相続地に起こすため」の任務を願いました。ボアズはルツのことを11節でこう言っています。「この町の人々はみ な、あなたがしっかりした女であることを知っている」。