箴言


31:6-7

酔ってもいいか。
強い酒は滅びようとしている者に与え、ぶどう酒は心の痛んでいる者に与えよ。 彼はそれを飲んで自分の貧しさを忘れ、自分の苦しみをもう思い出さないだろう。
酔ってはいけないと旧約聖書、新約聖書の両方に書いてあります(箴言20:1、エペソ人への手紙5:18)。しかし、病気にはお酒を使ってもいいと聖書は 言います。テモテへの手紙第一5:23には、こう書いてあります。「これからは水ばかり飲まないで、胃のために、また、たびたび起こる病気のためにも、少 量のぶどう酒を用いなさい」。この聖句では、滅びようとしている者と心の痛んでいる者に酒を与えよと書いてありますが、酔っ払うことは勧めていません。こ のような問題のために、酒よりも現代の薬のほうがより効果的で、現代では酒を使う機会はほとんどないのではないかと思います。