民数記


4:3

民数記8:24では、「二十五歳以上の者は会見の天幕の奉仕の勤めを果たさなければならない」と書いてあるが、ここでは、「三十歳以上五十歳まで」と書いてある。これはどういう訳なのだろうか。
サムエル記二章では、ウザという聖職者は主なる神様の方法に従わなかったから、「主の怒りがウザに向かって燃え上がり…彼は…その場で死んだ」。聖職者の仕事は大変な責任でしたので、若いレビ人(二十五歳)は最初修業して、慣れてから本当の業務に入ったのでしょう。