ヨエル書


1:15

「主の日」とは何か。
ああ、その日よ。主の日は近い。全能者からの破壊のように、その日が来る。
これは旧約でよく使われている句です。ヨエル書にもよく使われています(2:1、11,31;3:14)。いつも特別な出来事を示しています。これは、そ の時代の出来事(モーゼの時代のいなごの災厄)、近い将来の出来事(エルサレムの破壊)、あるいはこの世の終わりのことです。