ヨブ記


1:6

サタンが天国へ行きたいと思えば、行けるか。
ある日、神の子らが主の前に来て立ったとき、サタンも来てその中にいた。
ゼカリヤ書3:1に「主は私に、主の使いの前に立っている大祭司ヨシュアと、彼を訴えようとしてその右手に立っているサタンとを見せられた」と書いてあり ます。サタンが天国に入ることはできますが、それは創造主の許可によるものです。創造主となる神様はいつかサタンを滅ぼします。黙示録に書いてあるよう に、「日夜彼らを私たちの神の御前で訴えている者が投げ落とされた…」(黙示録12:10)。

40:15-24

ベヘモテとは河馬だったか。
さあ、河馬を見よ。これはあなたと並べてわたしが造ったもの、牛のように草を食らう。 見よ。その力は腰にあり、その強さは腹の筋にある。 尾は杉の木のように垂れ、ももの筋はからみ合っている。 骨は青銅の管、肋骨は鉄の棒のようだ。 これは神が造られた第一の獣、これを造られた方が、ご自分の剣でこれに近づく。 山々は、これのために産物をもたらし、野の獣もみな、そこで戯れる。 彼ははすの下、あるいは、葦の茂みや沼に横たわる。 はすはその陰で、これをおおい、川の柳はこれを囲む。 たとい川があふれても、それはあわてない。その口にヨルダン川が注ぎ込んでも、動じない。 だれがその目をつかんでこれを捕ええようか。だれがわなにかけて、その鼻を突き通すことができようか。
新改訳には、ベヘモテのことを「河馬」と翻訳されています。しかし、17節では、この生き物の尾は「杉の木のようにたれ…」と書いてあります。これは河馬 の尾を描写するでしょうか。19節では、この生き物は「神が造られた第一の獣、これを作られた方が、ご自分の剣でこれに近づく」と書いてあります。これは 恐竜ではないかと思います。恐竜は創造の五日と六日に作られました。

41:1

レビヤタンはワニだったか。
イザヤ書27:1を参照。