ガラテヤ人への手紙


2:11-14

ペテロの誤りは何だったか。
ところが、ケパがアンテオケに来たとき、彼に非難すべきことがあったので、私は面 と向かって抗議しました。 なぜなら、彼は、ある人々がヤコブのところから来る前は異邦人といっしょに食事をしていたのに、その人々が来ると、割礼派の人々を恐れて、だんだんと異邦 人から身を引き、離れて行ったからです。 そして、ほかのユダヤ人たちも、彼といっしょに本心を偽った行動をとり、バルナバまでもその偽りの行動に引き込まれてしまいました。 しかし、彼らが福音の真理についてまっすぐに歩んでいないのを見て、私はみなの面前でケパにこう言いました。「あなたは、自分がユダヤ人でありながらユダ ヤ人のようには生活せず、異邦人のように生活していたのに、どうして異邦人に対して、ユダヤ人の生活を強いるのですか。
ペテロは恵みの福音を一貫して行わなかったのです。ペテロは異邦人とよく食事をしていましたが、エルサレムからの客が来た時異邦人と食事するのを止めまし た。パウロはこの偽善を見て、ペテロに向かって抗議しました。ついでながら、この聖句を読めば、ペテロは教皇ではなかったことが分かります。カトリック教 によると、教皇は決して誤りをしませんが、ここでは明らかに誤りをしました。