使徒の働き


5:1-11

アナニヤとサッピラの罪は何だったか。
ところが、アナニヤという人は、妻のサッピラとともにその持ち物を売り、 妻も承知のうえで、その代金の一部を残しておき、ある部分を持って来て、使徒たちの足もとに置いた。 そこで、ペテロがこう言った。「アナニヤ。どうしてあなたはサタンに心を奪われ、聖霊を欺いて、地所の代金の一部を自分のために残しておいたのか。 それはもともとあなたのものであり、売ってからもあなたの自由になったのではないか。なぜこのようなことをたくらんだのか。あなたは人を欺いたのではなく、神を欺いたのだ。」 アナニヤはこの言葉を聞くと、倒れて息が絶えた。そして、これを聞いたすべての人に、非常な恐れが生じた。 青年たちは立って、彼を包み、運び出して葬った。 三時間ほどたって、彼の妻はこの出来事を知らずにはいって来た。 ペテロは彼女にこう言った。「あなたがたは地所をこの値段で売ったのですか。私に言いなさい。」彼女は「はい。その値段です。」と言った。 そこで、ペテロは彼女に言った。「どうしてあなたがたは心を合わせて、主の御霊を試みたのですか。見なさい、あなたの夫を葬った者たちが、戸口に来ていて、あなたをも運び出します。」 すると彼女は、たちまちペテロの足もとに倒れ、息が絶えた。はいって来た青年たちは、彼女が死んだのを見て、運び出し、夫のそばに葬った。 そして、教会全体と、このことを聞いたすべての人たちとに、非常な恐れが生じた。
持ち物を売って、その代金の一部を残したことが罪ではなかったのです。彼らの罪は全部あげなかったのに全部をあげた振りをしたことです。この行為は教会の人々への嘘だけではなく、神様への偽りでもありました。

22:9

パウロのほかにいた人たちは神様の言うことが聞こえたか。
9章7節では、「同行していた人たちは、声は聞こえても、だれも見えないので、ものも言えずに立っていた」と書いてありますが、ここでは、同行していた人 たちがその「声は聞き分けられませんでした」。矛盾に見えるかもしれませんが、ギリシヤ語では音を聞くことと言葉を聞くことと区別されています。ですか ら、パウロと一緒にいた人たちは神様の声を聞きましたが、その言葉が分からなかったのです。