テサロニケ人への手紙 I


4:16

もし死人がラプチャーでイエスと会うために復活させられるなら、パウロはどうして「肉体を離れる」ことは[主のみもとにいる]ことと言えるだろうか(コリント人への手紙II5:8)。
主は、号令と、御使いのかしらの声と、神のラッパの響きのうちに、ご自身天から下って来られます。それからキリストにある死者が、まず初めによみがえり…
これは簡単に答えられません。両方の陳述は正しいと私たちクリスチャンは信じています。天国にいる信者は一時的な体を与えられているかもしれません。それ とも、精神的な体をもっているかもしれません。イエスが再臨するとき、過去になくなった信者を一緒に連れてきて(テサロニケ人への手紙I 4:14)、そ の時にその人たちの肉体の体は朽ちないものによみがえられます(コリント人への手紙I 15:42)。そして、永遠まで創造主の御もとにいます。