サムエル記 I


6:19

50,070人もの多くの人が本当に神の箱の中を見て神様に打たれたか。多くの人々の死を目の前にしてどうしてそんなたくさんの人がさらに神の箱を見たのでしょう。
主はベテ・シェメシュの人たちを打たれた。主の箱の中を見たからである。そのとき主は、その民五万七十人を打たれた。主が民を激しく打たれたので、民は喪に服した。
これはきっと筆写者の間違えです。この町に住んでいたすべての人を合わせても50,070人いたかどうかもわかりません。ですから、そんな大きい数ではな かったと考えられます。3巻のヘブル語の原稿には50,000という数は書いてありません。それに、ヨセパスというユダヤ人の歴史家は70人と書きまし た。これが本当の人数ではないかと思います。

16:14

「主からの悪い霊が彼をおびえさせた」と書いてあるが、それはどういう意味か。
主の霊はサウルを離れ、主からの悪い霊が彼をおびえさせた。
イエス・キリストを受け入れた人は悪魔に取り付かれることがありえません。イエスは言いました。「父はもうひとりの助け主をあなたがたにお与えになりま す。その助け主がいつまでもあなたがたと、ともにおられるためにです」。サウルは信者だったと思いますが、旧約では、御聖霊様は一時的に人の上に激しく下 りました。これは信者でない人も経験しました(第二歴代誌36:22)。この聖句での悪い霊は、愛なる神様に使われました。神様はサウルを神様にもう一度 従わせるために、この悪い霊を使ったのだと思います。
14)。しかし、私たちは悔い改めて、自分の罪を告白するなら、愛なる神様は情け深いので快く赦してくださいます。